無料ブログはココログ

« 巣ごもり練習用ギターアンプ購入 | トップページ | GIBSON L-4とES-175の違い »

2020年5月23日 (土)

特別定額給付金入金のお知らせとマイナンバーカードについて

受付の知らせを受けた5月2日にWEB申請を行った特別定額給付金の入金のお知らせが届きました。ちなみにアベノマスクはまだ届いていません。

同日に届いた自動車税3台分と家の固定資産税も5月2日迅速に払い込んだので給付金の申請も迅速を極めた次第です。私の住んでいる市町村は5月28日からWEB申請の申請順で支払うと聞いていたのでおそらく我が家はかなり早い方ではないかと推察していましたが、その通りになりました。

Img_20200523_171734

4人家族なので400,000円、小学生の息子と幼稚園の娘にもちゃんと説明して使い道を話し合いました。

息子はそのうちの半分を進研ゼミのタブレット型通信学習1年分にあてるようです。学校の授業が不透明なので違う形で学習できる機会を作る事は大切ですね。

娘はまだお金の価値を理解していないので、少しお小遣いにして何か欲しい物を買えるようにしようと思います。

残りのお金はコロナが収まった時に家族旅行に使おうという事になりました。

今回、この申請を行う中でマイナンバーカードの発行に何時間も並んだとか、結局年配の方を始め多くの方が紙申請を行うとかグダグダ感が否めませんでしたが、まずマイナンバーを発行する意味があったのか?という疑問が強く残りました。本来マイナンバーを利用する事で役所の手間が減りサービスを行う側も受ける側も楽になるはずが、そもそもカードが強制ではなかったり、高齢社会で利用する側が付いていけない状態なので中途半端な状態のままになっています。国民全員がマイナンバーを使う事で役所の人間が〇割削減出来て〇割減税できるなど利用者へのメリットの提示が明確では無かったからでしょう。ちなみに個人事業主は来年からe-TAX(電子確定申告)をしなければ青色申告控除を5万円減額する事が決まっていますが、これにはマイナンバーカードが必要です。自分たちの手間を減らしたいのであれば控除を上乗せして理解を得るべきなのに協力しないなら減額するとは何と傲慢な体質なのでしょう。だから役所のやり方は嫌いです。はっきり言いますが、マイナンバーカードを皆が利用する事で役所の多くのサービスが無人でできるようになりますよ。

« 巣ごもり練習用ギターアンプ購入 | トップページ | GIBSON L-4とES-175の違い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巣ごもり練習用ギターアンプ購入 | トップページ | GIBSON L-4とES-175の違い »